好きなことを好きなだけ、

いろいろオタクがいろいろ書くブログ

はじめての試写会!映画『全員死刑』

どうもちまめです。

先日、私は人生で初めて映画の先行試写会に行ってきました!

観てきたのは明日11月18日公開の小林勇貴監督、日活と東京テアトル配給の『全員死刑』という映画です。

shikei-family.jp

映画の詳しい概要なんかは公式サイトからどうぞ。

今回は試写会のレポートと共にこの映画について書きたいと思います。

きっかけは、、、

そもそも行こうと決意したのはあるツイートがきっかけでした。

これを初めて見たとき「日活の新作だし鳥居みゆきさん出てるし(実はファン)これは気になるな」と思って軽い気持ちでポチッとしました。

そして数日後、、、

f:id:chicci1064:20171117021003p:plain

やったぜ!てかこんなに簡単に当たっていいんかよ!と若干戸惑ったちまめ氏。

試写会の会場は東京駅から近いところでキャパはマックスで50人ほどのところで行われ、来られた方の年齢層は比較的高めな印象でしたが私と近そうな方もちらほら見かけました。

初めての試写会だったこともあり、ドキドキしながら映画を観たのは初めての経験でした。

しかも

急遽上映終了に小林監督が登場されてびっくりしました。

監督の生の声を聞いてその熱意が伝わってきましたね。それもそのはず、これが監督自身初の商業作品だそうです。そりゃ気合も入るわ。

内容はエキサイティングな「ハガレン」!?

まだ公開前なのであまり映画の詳細は書きませんが一言で言えば頭のネジが飛んでいる家族のお話です。実際にあった殺人事件をベースに描かれたマンガが原作になっています。

ちょうど来週には『鋼の錬金術師』も公開みたいですが、こっちの兄弟愛も負けてないです。

f:id:chicci1064:20171117022316j:plain

主人公はどっちも金髪!

全員死刑』とは狂った家族愛が殺人という中で描かれた作品ですが、とても観ていて面白いです。そして、疲れます。

でも、この「疲れ」こそが今まで日活が作ってきた映画の特徴の一つだと思いますし、それこそが良さでもあります。

胸糞悪いとかバカバカしいとかイカれてるとか色々言われそうですが、そういうものを映画として楽しむことが出来るいい作品だと思います。

ハガレン』を見て物足りなさを感じるのであれば是非こっちの「狂ったハガレン」を観てみてください!

まとめ

初めての試写会はとてもいい経験でしたし、また行ってみたいと思いました。

因みに映画を観た後は東京駅の地下でなぜか矢場とんに行きました。

f:id:chicci1064:20171117023134j:plain

リブロースかつ旨し!

何はともあれ、『全員死刑』絶対面白いので是非劇場で観に行ってみて下さい!!

ではでは!!